お知らせ
「コダマ白蟻四国株式会社」は平成17年4月1日より「株式会社 コダマ」に社名変更いたしました。

会社案内業務案内害虫豆知識リンクお問合せ
【TOP】【戻る】

シロアリ新築予防工事   地盤調査
  床下換気扇 
ベランダ・屋上防水工事   床下調湿剤
■コダマなら施工後のアフターサービス保証制度も安心です。【詳しくはこちら】
シロアリ駆除工事 セントリコン工法 薬剤処理 

■セントリコン工法 薬剤の大量散布はもうしない。セントリコンシステムがシロアリ防除の不安を解消します







革新的シロアリ防除対策-それが「セントリコン・オールウェイズ・アクティブ」。
巣ごと根絶、薬液をまかない、効果は永続的、だから安心です。







シロアリを”巣ごと根絶”できる「セントリコン・オールウェイズ・アクティブ」。
その理由は…











病院や学校など薬剤散布ができない、薬剤散布を行いたくない、建物に施工を施したくない
と言う声にお答え致します。 今までのシロアリ防除とは全く異なったシステムです。


セントリコンシステムの特長
・シロアリの習性を利用し、巣ごと退治します。
・大量の薬剤を散布、塗布しません。
・巣の根絶後も定期的に点検を続け、最侵入を防ぎます。
・ご家族やペット、周辺環境にも安全です。
・施工時に気になる臭いがありません。
・施工時に大切な住まいを傷つけません。
これなら安心、これなら満足。セントリコン・システムの魅力いろいろ。
◎シロアリの巣を元から絶つので安心です。
◎使用する薬剤はごく微量、従来の工法の500〜1,000分の1で済みます。
◎薬剤はカプセルに入っており、シロアリだけが食べられるように工夫が施されています。
◎使用する薬剤は脱皮をする生物だけに効果を示すので、他の動植物には影響がありません、
◎巣の根絶後も定期的な管理により、シロアリの侵入をたえず見張り続けます。
◎施工時に壁や床を壊すことがありません。
◎多量の薬液を散布しないため、ご近所等に迷惑をかけることがありません。
◎確かな資格をそなえた「セントリコン・テクニカルマスター」が施工を担当いたします。

調査 根絶 最侵入を予防。従来工法とその全てが異なる、シロアリコロニー駆除システムです
? 調 査 <モニタリング>
  
餌木の入った特殊容器(ステーション)を設置します。
あらかじめシロアリの食害状況や活動範囲を調べた上で、住まいの周辺に餌木の入った特殊容器(ステーション)を設置します。容器内のシロアリの有無を定期(点検)することにより、新たな餌場としての確認が出来ます。

? 根 絶 <ベイティング>
   施錠された特殊容器に入れて地面に埋め込みますので、薬剤にお子様が触れる心配はありません。
薬剤入りの餌で、巣中のシロアリを連鎖的に死滅させていきます。
働きアリの活動が認められた容器内に、ごく微量の薬剤を含む餌(ベイト剤)を投与。
次々と薬剤を含んだ餌が巣中に運ばれます。やがて、餌を食べたシロアリすべてが連鎖的に死滅し、巣そのものが根絶します。


? 最侵入を予防 <再モニタリング>

確かな資格を備えた
「セントリコン・テクニカルマスター」
が施工を担当させていただきます。
セントリコン・システムの施工には、シロアリに関する知
識はもちろん、専門技術や薬剤の取り扱いに関するノウハウが必要です。そこでダウ・アグロサイエンスでは、独自の認定制度を採用。「セントリコン・オーソライズド・オペレーター」に認定された専門施工会社に所属する、プロフェッショナルな有資格者「セントリコン・テクニカルマスター」に安心してお任せいただけます。

2000年米国環境栄誉賞受賞
2000年7月、セントリコン・システムは米国政府が認定する「環境に優しい化学」(グリーンケミストリー)分野において、最高の名誉とされる、2000年米国環境栄誉賞(プレジデンシャルグリーンケミストリーチャレンジアワード)を受賞いたしました
世界14カ国、100万戸以上の施工※1実績。
セントリコン・システムは、さまざまな施設でも幅広採用されています。
日本はもちろん世界中で採用され、すぐれた実績をおさめているセントリコン・システム。
薬を撒けない場所でも施工できるため、一般住宅だけではなく、お客さまの出入りが多い店舗や病院、保育園などさまざまな施設でも採用され、ご好評をいただいています。※2 
薬液を大量に散布する今までの防除工法では不安、とお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。数多くの方々が、従来の防除法からセントリコン・システムヘの切り換えをされています。
※1:セントリコン・システムの施工実績は、日本における住宅着工総数
(平成13年度:117万3858戸)とほぼ同等にもなります。

※2:セントリコンシステムを導入されたお客さまの実に95%以上が
「満足している」とお答えになっています。
(平成14年度顧客満足度調査より)


施工例
●優美堂(沖縄県・土産屋)●具志堅高校(沖縄県)●金礼寺(福島県)●ホワイトハウス(アメリカ)●シャンゼリゼ通りの街路樹(フランス)●その他、文化財、石油基地ケーブルetc








アメリカ自由の女神


沖縄コンベンショナル
センター

北鹿ハリストス正教会
<秋田県>

長保寺御霊殿
<和歌山県>

■薬剤工法 ※使用薬剤の詳細についてはこちら

使用する薬剤

シロアリ予防工事に使用する薬剤は、薬剤の安全性防除性能、環境問題などの専門家をメンバーとする日本木材保存剤審査機関で安全性、効力の評価を受け(社)日本しろあり対策協会、又は(社)日本木材保存協会で認定登録されています。
土壌処理に使用する土壌処理剤は防蟻効力を有し、木部処理に使用する木部処理剤は防蟻及び 防腐効力を有します。
※「薬剤について」にて、詳しく説明しています。


工事方法
土壌処理と木部処理でシロアリを退治し、建物をシロアリの被害から守ります。
土壌処理は床下土壌や、浴室、玄関、台所等のコンクリート下の土壌などに土壌処理を散布又は加圧注入します。
木部処理は床組剤などの木部処理剤を吹き付け、又は塗付処理します。被害箇所、浴室の壁体内、玄関のドア枠などの木部は穿孔注入処理します。
床下の工事は床下点検口又は床下収納庫から入って行ないますが、点検口や収納庫のない場合は、和室の畳をあげて点検口を作成します。基礎コンクリートで仕切られて工事の出来ない箇所は基礎コンクリートに通路口を作成する事もあります。
尚、浴室・便所・玄関・勝手口等床下に入れない部分はコンクリート下を穿孔・加圧注入処理を行ないますが穿孔後セメントで埋め戻しを行ないます。

Copyright (C) 2003 Kodama Corporation. All rights reserved E-MAIL info@kodama-shiroari.co.jp